京都丹波 黒枝豆

京都丹波 黒枝豆とは……

食通のマンガ「美味しんぼ」の「ビールと枝豆」にて「最高の枝豆」として画かれ、
そのおいしさがよく知られるようになったのが「丹波黒枝豆」です。

本来正月に食べる黒豆を若さやの枝豆時に収穫したものです。
人気の理由は通常の枝豆に比べると粒の大きさ、味の深み、
どれをとっても枝豆の王様と呼ばれるのにふさわしいからです。

京都丹波 黒枝豆とは……

「丹波黒枝豆」が美味しい理由

京都丹波地方の特徴である日中は大変蒸し暑く、夜は冷え込むという寒暖差、
そして適度な雨量によって肥沃な土壌が形成され、
そこで育つことによって良質な黒豆が育ちます。

丹波黒豆は開花から成熟までに100日かかります。
この成熟期間の差が、粒が大きい・上品な色・光沢・味が濃い・独特の食感を生んでいます。

粒が大きい 濃厚な味わい 上品な色や光沢

丹波・黒豆の枝豆が“幻”と言われている由縁

収穫時期は、10月の上旬から、たった約3週間と短い上に、
一農家が収穫できるのは、平均1日に3kg函で10ケ-スが
限度と言われており、荷造り箱詰め作業にも 非常に手間がかかります。

しかも 丹波黒枝豆は収穫して時間が経つと、
著しく風味が落ちてしまうデリケートな生鮮野菜です。

丹波黒枝豆といっても、本当の美味しさをもつ
本場丹波篠山の高品質の物は、市場に出回ることがあまりなく、
滅多にお目にかかることはありません。

もちろん丹波黒枝豆は希少性だけで幻とは言いません!
粒の大きさ、風味、甘さ 、こく。
どれをとっても王者の風格を持つすばらしい枝豆です。

当店では、毎年9月中頃マデにご予約を承り、
10月初旬から朝採れたての丹波黒枝豆を即発送いたします。

「丹波黒枝豆」に含まれる栄養素のご紹介!

  • アントシアニン
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • ビタミン
  • リノール酸